銀行のカードローンもスピーディーで即日利用も可能に

キャッシングサービスは窓口に行くことなくネットで申込から契約までできて、申込の時間によっては即日でお金を借りることも可能など、そのスピーディーな対応で人気です。

 

最近では銀行においても、キャッシュカードによる預金口座と連動したキャッシングサービスに加え、ローン専用のカードを発行するカードローンサービスもスピーディーな審査により、消費者金融と同様に便利に使えるものとなっています。

 

銀行のカードローンの最大の特徴は金利が比較的低く設定されていることです。さらには専業主婦でも借入が可能となっているなど、銀行ならではのサービスも魅力的ですね。

 

何より銀行のローンいう安心感が人気の理由でしょう。
そのような銀行で便利にお金を借りることのできるカードローンをいくつか紹介します。


お金を借りる理由を考える

お金を借りるのは、お金が必要だからですが、どうして借りる必要があるのでしょうか?
お金を借りている人の声を聞いてみました。

 

キャッシングの使い道

お金を借りるときというのは、少し気分が高揚しているときのような気がします。給料貰っている人なら、欲しいものはやりくりしながら、欲しいものを買うお金を残していけばなんの問題もないところです。

 

ところが、お金の余裕ができるまで我慢できないわけです。当然、緊急不可避な事態というものもありますので、我慢とかいうレベルの話でないこともあります(入院したとか、事故を起してしまって車の修理費が必要だとか)。

 

しかし、遊興費や欲しいものを買うためにお金を借りるというものあるわけです。利息を払ってでもすぐに欲しいとか遊びたいとかです。

 

通常はキャシングですね。お給料が振り込まれる銀行口座などは信用があるので、キャッシング枠というのがあって、例えば10万円までは通常の口座から引き落とす感覚で借りることができます。

 

これが気楽簡単な借金なのですが、借金よりはもっとフランクに付き合える点が便利です。次月にちゃんと返せるならそれはそれでライフスタイルといっても良いのかなと思っています。

 

チャンスを逃さないためにお金を借りる

お金を借りる時というのは、お金が稼げずに切羽詰まった状況になった時か、急に想定外のお金が必要になった時だと思います。

 

大抵の場合、そういった事態にならなっても大丈夫なように、貯金をしているものです。
私も、万が一の緊急事態の時の為に貯金をしていますが、お金を借りようとした事があります。

 

なんとなくネットオークションを見ていた時の事です。ふと、私の好きなアーティストのグッズが目にとまりました。そこまで有名なアーティストではないのですが、ずいぶん昔の非売品の限定グッズで、今ではまず手に入らないレアものでした。

 

当然、それなりの値段がついていて、貯金だけでは足りなかったのですが、オークション終了日が迫っていたので、お金を借りる事にしました。

 

即日でもお金を貸してくれそうな友人何人かに声をかけ、頼み込んでお金を借りました。

 

結局、最終落札価格は私の予想を遥かに超えて、お金はそのまま友人に返したのですが、やはりその場限りのチャンスを逃さない為にお金が必要だったら、ついお金を借りてしまうのだと実感しました。